イビサクリームを妊娠中の女性が使っても大丈夫ですか?

MENU

イビサクリームを妊娠中の女性が使っても大丈夫ですか?

妊娠中

 

ホルモンの関係で、妊娠によって体のあちこちに黒ずみができます。
初めてそのような姿を自分で見ると焦ってしまうでしょうね。

 

たとえば乳首が黒ずんだり、お尻、Iライン、Vラインが黒ずむなど。

 

  • 「こんなに黒ずんでいる!びっくり!」
  • 「このままじゃ一生黒ずみが残ってしまう?」
  • 「デリケートゾーンが真っ黒。誰に相談すればいいの」

 

とても相談できるようなことではないので、こういう悩みを抱えてしまうかも…。

 

汚れているわけではないので念入りに洗っても意味はないですし原因をはっきりさせないといけないので対処しにくいですよね。

 

そもそも、妊娠初期などの特にデリケートな時期にイビサクリームは使えるのでしょうか?
妊娠中に使えるのかどうか公式サイトのQ&Aで確認をしてみました。

 

妊娠中ですが使用できますか?

妊娠している方は専門医に相談した上で使用をしてください。

 

ということですので、自己判断で使用するのはやめたほうがいいのかもしれません。
安心して使ってくださいとは書かれていませんでした。

 

 

 

◇なぜオススメできないのか?◇

 

イビサクリームは妊娠中や産後は使わないほうがいいのでしょうか?

 

妊娠有は肌が敏感になっていて、ちょっとしたことでも刺激を感じるようになることがあります。
摩擦、紫外線などの刺激にも弱くなってしまいます。

 

肌に優しい基礎化粧品でも肌がひりひりしたり、かゆみを感じることも妊娠中は珍しくありません。

 

なので、イビサクリームも無添加処方ですが肌が敏感になっているとあまり期待して使えないかもしれません。

 

 

 

◇使えてもほとんど黒ずみが解消できない◇

 

イビサクリームを肌トラブルなく使えたとしても、妊娠中はホルモンバランスが崩れているので肌のバリア機能が低下しており、少しの刺激でダメージを負いやすく黒ずみができやすいです。

 

イビサクリームを使用していても、ダメージが大きく黒ずみ対策として効果が思うように得られずに終わってしまう可能性があります。

 

 

黒ずみを早く治したいというのはよく分かりますが、無理をしてまで使う必要はありません。
そもそもホルモンバランスが崩れているのが原因になって黒ずんでいるので、ホルモンバランスが安定する時期が来れば黒ずみやシミは自然と薄くなり消えていきます。

 

一度黒ずんでしまったらもう治ることはないと悲しむことはありません。

 

ホルモンバランスは産後2〜3か月で安定してくるので、イビサクリームを使うならそのくらいの時期から使えば効果を期待できると思います。

 

 

 

◇妊娠中にイビサクリームを使うなら…◇

 

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみを改善する効果に特化していて、安全性も高いのが高評価になっているのですが、妊婦さんにとっては効果の実感度や使いやすさよりも安全性を最優先にしたいですよね。

 

イビサクリームは肌に刺激になる成分や胎児に悪影響を及ぼす可能性のある成分は一切使用していないので安全性が高いと言えます。

 

デリケートゾーンに使う美白クリームと胎児の関係はあまり分からないという方が多いと思いますが、肌に塗ったものは少ないですが九州されて血液に混ざると言われています。

 

胎児はママの血液で栄養分を受け取り成長しているので、赤ちゃんにとって悪影響がある成分がクリームに含まれていたら赤ちゃんにも行きわたる可能性があります。

 

そのような悪影響を及ぼさないように、使いやすさや効果の実感度よりも安全性を優先しましょう。
イビサクリームは安全な美白クリームですが、妊娠中に使うなら十分に注意しましょう。

 

他のクリームを妊娠中に使う場合でもしっかり配慮してくださいね。

 

 

>>イビサクリーム詳しくは公式サイトでご確認ください!