イビサクリームは黒ずみに本当は効かないですか?

MENU

イビサクリームは黒ずみに本当は効かないですか?

黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみにはイビサクリーム!というくらい、黒ずみケアに人気の美白コスメとなっています。

 

でも、黒ずみに本当に効果はあるの?効かないのでは?と、疑問に感じている方もいるでしょうね。
黒ずみケアに効果的な主要成分にはグリチルリチン酸2Kとトラネキサム酸の2種類の成分が配合されています。

 

グリチルリチン酸2Kとトラネキサム酸には「美白効果」「消炎作用」の効果効能があり、厚生労働省では医薬部外品として認められています。

 

美白効果を認められている成分はトラネキサム酸で、炎症を抑える消炎作用を認められているのはグリチルリチン酸2Kとなっています。

 

イビサクリームはこの2種類の成分をメインにしたデリケートゾーンの黒ずみに効果的なクリームです。

 

 

 

◇黒ずみになぜイビサクリームが効果がある?他の美白クリームとの違いについて◇

 

イビサクリーム以外にも美白クリームは色々あるので、どこが違うのか疑問ですよね。
イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみケア専用に開発された美白クリームで、大切な場所にも安心して使えるように刺激が少ない成分から作られているのが特徴・こだわりです。

 

今までの美白クリームは刺激が強く、デリケートゾーンの黒ずみには使えなかったり肌が弱く刺激に負けて肌荒れをしてしまった方でも安心して使えるのがイビサクリームです。

 

黒ずみはメラニン色素が多く作られることが根本の原因。
メラニン色素がターンオーバーによって排出されず、肌に残ってしまったものが黒ずみやくすみです。

 

黒ずみは原因が色々考えられますが、主にそれが原因と言えるでしょう。

 

イビサクリームは厚労省でも認めている美白効果があるトラネキサム酸を配合することでメラニンの生成をブロックし、黒ずみが新たにできる原因を根本から解消する効果に期待できます。

 

また、トラネキサム酸には美白効果の他にターンオーバー(新陳代謝)を促す働きもあります。

 

生活習慣、ホルモンバランス、肌の状態、加齢などさまざまな原因でターンオーバーは正常に働かなくなり、メラニン色素が肌に残りやすくなり蓄積することで黒ずみの助長に繋がります。

 

トラネキサム酸がターンオーバーを促すことでメラニン色素や沈着した黒ずみの排出を助け、垢と一緒に捨てる効果を発揮してくれます。

 

そして、グリチルリチンは炎症や肌荒れを防ぐ効果がある抗炎症成分です。
炎症、肌荒れは黒ずみの原因のメラニン色素の生成を活発にさせるので、肌荒れや炎症を防ぐことでグリチルリチン酸は黒ずみを予防する効果がある成分と言えます。

 

 

 

◇黒ずみがある場所どこにでも使ってOK!◇

 

女性はブラジャーを毎日つけたり、細身のパンツでへそ周りや腰骨周辺の圧迫により黒ずみができてしまいやすいもの。
デリケートゾーン以外にも、そのような場所の黒ずみケアに使えます。

 

イビサクリームはデリケートゾーンに使えるほど優しい処方になっているので、バストトップの黒ずみ、ひざ、ひじなどの角質が厚く固い部分、脇、へそまわりなどの色素沈着や黒ずみにも効果を期待できます。

 

植物由来の美白成分は薬用成分の効果を引き出し、肌サイクルを正して肌に残るメラニンを排出させます。
メラニンをしっかり排出することで、透明感がある明るい肌になるでしょう。

 

イビサクリームは黒ずみに効かないのでは?と不安だった女性も、
これで疑問や効かないという不安も取り除かれたのではないでしょうか!

 

 

>>デリケートゾーン以外の黒ずみも取る!イビサクリーム詳細はこちら